前へ
次へ

治療には休養する時間までが必要になる

診断がついてから、お医者さんに「休養が取れますか」と言われたら、難しいと答える人が多いはずです。
短期ならば有給休暇を使えますが、周りに迷惑をかけたくないという上っ面の答えではなく、本心は休職すれば解雇される不安が大きいようで、休養を拒む人も多いようです。
公にできる病気ならば休養に関しても、理解と協力が得られるでしょう。
ですから、最近の医療機関での問いかけには「段階的休養ができますか」という内容で話が進められています。
リハビリ出勤という内容も受け入れられています。
休職期間中に、労働条件を緩和した形での出勤であったり、復帰適応の状況を見ながら、徐々に本来の労働条件に近づけていく内容です。
実際に、知人の父親は大手企業に勤めています。
うつ状態にある指摘を受けてからは、休職を勧められたようです。
その期間は約3ヶ月、医療費の問題も少なからずあるため、この間の基本給、健康保険の手当などは支給されたそうです。
復職する際にはリハビリ出勤が適用されました。
実際には、メンタルヘルス対応をしている企業というのは、まだ少ないでしょう。
ですから、メンタル面を含めた健康管理を求める声をしっかり受け入れる企業選びも、お医者さんや病院選びと同じくらいに必要かもしれません。

Page Top