前へ
次へ

頑張りすぎていませんか、心療内科という選択

『働き方改革』や『ライフワークバランス』という言葉を最近よく耳にします。
素晴らしい取り組みですが、まだまだ浸透途上というのが現実。
未だに残業三昧の企業も多く、「ライフワークバランスなんて、違う国の話かしら」という声も聞かれるほどです。
さて、残業三昧、働き三昧のあなた。
しっかりと夜は眠れているでしょうか。
私の同僚は、まさに残業と多忙な業務に追われる日々を半年以上続けていたところ、夜は眠れず、手は震え、挙句の果てに「全部私が悪いんです」と、他人の業務の失敗まで自分の責任だと思い込み、上司に頭を下げに行く始末でした。
さすがに周りも異常だとザワつきはじめた頃、同僚へ『心療内科』の受診をお勧めしました。
なんと、はじめに受診を希望したAクリニックは大変評判の良い先生で、予約が1ヶ月待ちだったそうです。
すぐに受診ができた大手のBクリニックと、Aクリニックを受診後、同僚へ感想を聞いてみると、どちらの先生もじっくりと共感的に話しを聞いて下さり、心が楽になったそうです。
そう話す同僚の表情は、受信前と比べホッと和らいでいました。
また、内服薬は使わない方向で、数ヶ月の休職申請のための診断書も書いてくれたそうです。
職場での立場や状況は、誰しもさまざまです。
職場でも家庭でも、弱音を吐けない立場の方も多いと思いますが、どうしようもなく辛い時には、心療内科という選択があることも、どうか頭の片隅に覚えていて下さい。

Page Top